カラコンガイド

 

高度管理医療機器に関して

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。
必ず眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。
また眼科医による定期検査をお受けください。

カラーコンタクトレンズ(カラコン)は2009年11月4日より、薬事法改正に伴い「医療機器」となりました。
医薬品医療機器等法の第39条、39条の3の規定により、厚生労働大臣の承認、都道府県知事の販売業の許可を受けているお店でないと購入いただけません。
エフェメラル(レアラボ)は販売の許可を取得しており、販売管理者も設置しております。安心してお買い物をお楽しみください。

コンタクトレンズについて

コンタクトレンズは装用する度に清潔に保ち、装用しない場合は必ず清潔な保存液につけて涼しい場所で保管してください。

コンタクトレンズの装用期間と取扱い方法は眼科医の指示に基づき、添付の取扱い説明書をご参照のうえ正しくお使いください。万が一、目に異常を感じられた場合は直ちに装用を中止してかかりつけの眼科医にて至急診察を受けてください。

1日の装用時間は最長で8時間以内でお使いください。初めてコンタクトレンズを使用される場合、はじめの3日間は2-3時間程度その後、眼に違和感・異常などがない場合は1日1時間ずつ延長し装用していきます。

必ずレンズにあったケアを行い、コンタクトレンズを清潔に保つようにしてください。

度ありレンズについて

コンタクトレンズをご購入の場合は必ず眼科で検診を受け、処方されたデータに基づきお買い求めください。

眼科の定期検診は3-6ヶ月に1回は必ず受診してください。レンズの種類や処方データの変更をなさる時は、眼科医の指導のもと行ってください。

眼にかゆみ、異常などを感じられた場合は、そのままにしておかずに、必ずかかりつけの眼科医にて早めに受診されることを強くおすすめします。

カラコンを買う前には、眼科に行って検査を受けましょう

カラーコンタクトレンズ(カラコン)は、医療機器です。購入する前に必ず眼科の検査を受けてください。涙の量、アレルギー体質、目の病気により、コンタクトレンズを使ってはいけない場合もあります。
また、定期検査は目に異常を感じなくても必ずお受けください。

カラコンは厚生労働省の承認を受けた製品を買いましょう

カラーコンタクトレンズは、医療品医療機器法で定められた「高度管理医療機器」です。厚生労働省の承認を受けた製品には、「高度管理医療機器」の記載・承認番号の記載がありますので、確認しましょう。また仕様の際には製品の箱に入っている添付文書をよくお読みください。

エフェメラル(レアラボ)では、お客様の目の健康・安心のため、当店で取り扱っているカラコンは全て日本の「高度管理医療機器」の承認を受けたものであり、日本の規格基準に則った商品で、規格外のものは一切取り扱っておりません。

販売の許可

日本国内で高度管理医療機器を製造・販売するためには厚生労働大臣の承認が、販売するためには都道府県知事の販売業の許可、販売管理者の設置が義務付けられています。

エフェメラル(レアラボ)では、下記の許可を取得しカラーコンタクト・コンタクトレンズを販売しております。

​高度管理医療機器承認番号:2渋健生薬第1152号

​特定商取引法に基づく表記はこちら